眼に関する後遺障害等級について

眼の運動障害 (自動車損害賠償補償法施行令・労災補償障害認定必携より)

眼球の運動は、各眼3対の外眼筋の作用で維持されている。この筋は一定の緊張を保ちながら眼球を正常の位置に保たせるものであるため、筋の一つが外傷により麻痺した場合は、眼球はその筋の働く反対の方向に偏位し、眼球の運動が制限されることとなる。いわゆる「斜視」のこと。

後遺障害等級では第10級から第13級に分類されている。

第10級2号 正面視で複視を残すもの

第11級1号 両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

第12級1号 1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの

第13級2号 正面視以外で複視を残すもの

複視とは、右眼と左眼の網膜の対応点に外界の像が結像せずにずれているために、物が二重に見える状態。

複視を残すものとは、

@     本人が複視のあることを自覚していること

A     眼筋の麻痺等複視を残す明らかな原因が認められること

B     ヘススクリーンテストにより患側の像が水平方向又は垂直方向のメモリで5度以上はなれた位置にあることが確認されること

ヘススクリーンテストとは、指標を赤緑ガラスで見たときの片眼の赤像、他眼の緑像から両眼の位置ずれを評価する検査。例えば、右外転神経麻痺(右眼球を動かす筋肉の麻痺)の場合、右眼に赤ガラスを通して固視させると、左眼に緑ガラスを通してみた固視点は右へ大きくずれるが、左眼に赤ガラスを通じて固視させると右眼に緑ガラスを通して見た固視点は交叉性に小さくずれる。

著しい運動障害を残すものとは、眼球の注視野の広さが2分の1以下に減じたもの。

注視野とは、頭部を固定し、眼球を運動させて直視することのできる範囲のこと。

この広さは個人差があるため、多人数の平均では単眼視では各方面約50度、両眼視では各方面約45度とされている。

各方面とは360度を上下左右斜めの45度づつ8方向に分け、単眼視では50度×8=400度、両眼視では45度×360度を基準として、各方面の合計度数がそれぞれ基準の2分の1以下である200度、180度以下と診断されれば11級又は12級の認定対象となる。

眼の視野障害について

「半盲症」「視野狭窄(きょうさく)」「視野変状」と診断され、8方向の視野の角度の合計が正常視野の角度の60%以下になった場合に、単眼で第13級3号が、両眼で第9級3号がそれぞれ後遺障害の認定対象とされる。 

半盲症とは両眼の視野の右半分又は左半分が欠損する状態をいう。

視野狭窄とは、視力は良好であっても視野が狭まり歩行など動作が困難になる状態をいい、視野変状とは暗点と視野欠損を指す。

視野とは、眼前の1点を見つめていて同時に見える外界の広さをいう。

日本人の視野の平均値は

上  60度

上外 75度

外  95度

外下 80度

下  70度

下内 60度

内  60度

内上 60度

合計560度

視野の測定にはゴールドマン型視野計を用いる。

まぶたの障害

まぶたの障害には、イ欠損障害とロ運動障害、そしてハ両者併合がある。

第9級4号  両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

第11号2号 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

第11号3号 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

第12級2号 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

第13級4号 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

第14級1号 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

イ欠損障害

「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、ふつうにまぶたを閉じた場合に角膜を完全に覆い得ない程度のものをいい、

「まぶたの一部に欠損を残すもの」とは、普通にまぶたを閉じた場合に角膜を完全に覆うことが出来るがしろめが露出している程度のものをさす。

「まつげはげを残すもの」とは、まつげのはえている縁が2分の1以上にわたりまつげのはげを残すものをいう。

ロ運動障害

「まぶたに著しい運動障害を残すもの」とは、普通にまぶたを開いた場合に瞳孔を完全に覆うもの、又は、普通にまぶたを閉じた場合に角膜を完全に覆い得ないものをさす。

ハ併合

例)1眼のまぶたの著しい欠損障害(第11級3)と、他眼のまぶたの著しい運動障害(第12級2)が損ずる場合は、併合第10級とする。

ご相談こちらへどうぞ。

トップページ

ホーム