鼻に関する後遺障害等級について

鼻の障害 (自動車損害賠償補償法施行令・労災補償障害認定必携より)

鼻の障害については鼻の欠損が後遺障害等級表で定められているが、鼻の機能障害

については定められていないため、他の後遺障害に準じた相当級が認定される。

鼻の機能障害としては、臭いの機能が無くなる嗅覚脱失、鈍くなる嗅覚減退、鼻呼吸困難がある。

第9級5号   鼻を欠損しその機能に著しい障害を残すもの  

 

鼻の欠損とは、鼻軟骨部の全部または大部分の欠損をいい、機能に著しい障害を残す

ものとは、鼻呼吸困難または嗅覚脱失をいう。

鼻の欠損、鼻軟骨部に全部または大部分に達しないものであっても、これが単なる「外貌の醜状」の程度に達するものである場合は男子第14級11号、女子第12級14号の認定となる。

鼻の欠損と外貌の醜状は、耳の欠損の場合と同様に等級を併合することなく、いずれか上位の等級で認定される。

第12級相当  嗅覚脱失または鼻呼吸困難

第14級相当  嗅覚の減退のみ

検査はT&Tオルファクトメーターで行なう。認知域値の平均嗅覚力損失値が5.6以上を嗅覚失、2.6以上5.5以下を嗅覚減退と判断される。  
ちなみにT&Tオルファクトメーターとは1974年、文部省研究班

「嗅覚測定のための基準臭と検査方法の研究」によって開発された

基準嗅覚検査法で、開発した大学教授2名の名にちなんで命名された。

ご相談こちらへどうぞ。

トップページ