口に関する後遺障害等級について

口の障害について (自動車損害賠償補償法施行令・労災補償障害認定必携より)

口の障害等級については、咀嚼(そしゃく)機能障害及び言語機能障害について6段階、

歯牙(しが)障害については5段階に区分して定められ、嚥下(飲み下す)障害 は 咀嚼障

害の程度に応じて係る等級を準用し、味覚障害のうち味覚脱失、味覚減退に ついて は舌に

対する検査により12級または14級を相当として認定される。

咀嚼とは、摂取した食物で咬み、粉砕すること。 

咀嚼及び言語の機能障害

第1級2号  咀嚼及び言語の機能を廃したもの

第3級2号  咀嚼又は言語の機能を廃したもの

第4級2号  咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの

第6級2号  咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの

第9級6号  咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの

第10級2号 咀嚼又は言語の機能に傷害を残すもの

歯牙の障害

第10級3号 14歯以上に対し歯科補綴(ほてつ)を加えたもの

第11級4号 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

第12級3号 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

第13級4号 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

第14級2号 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

咀嚼及び言語機能障害の認定基準

1咀嚼機能障害

@咀嚼機能を廃したものとは、流動食以外は摂取できない状態。

A咀嚼機能に著しい障害を残すものとは、おかゆ、うどんなどに準ずる程度の飲食物

以外は摂取できない状態。

B咀嚼機能に障害を残すものとは、ごはん、煮魚、ハムなどは咀嚼できるものの、

たくあん、らっきょう、ピーナッツなど、一定の固さのものは咀嚼できず、その原因が

医学的に確認できること。

2言語機能障害

人の声は様々な口腔器官(咽頭、声帯、舌、筋肉など)の連携運動によって発せられ、

それぞれの器官の変化によってその語音が形成されることを構音という。

語音は母音と子音とに区別され、子音を構音部位に分類したのが次の4種。

@     口唇音(ま行音、ぱ行音、ば行音、わ行音、ふ)

A     歯舌音(な行音、た行音、だ行音、ら行音、さ行音、しゅ、し、ざ行音、じゅ)

B     口蓋音(か行音、が行音、や行音、ひ、にゅ、ぎゅ、ん)

C     咽頭音(は行音)

言語の機能を廃したものとは、4種の語音のうち、3種以上の発音が不能になったものをいい、言語の機能に著しい障害を残すものとは、4種の語音のうち、2種の発音が不能または綴音(語音が一定の順序に連結されて言語となること)機能に障害があるため、言語のみを用いて意思の疎通ができないものをいう。

言語の機能に障害を残すものとは、4種の語音のうち1種の発音不能をいう。

3歯牙の障害

歯科補綴を加えたものとは、歯全てを喪失したか、表に出ている歯の体積の4分の3以上を欠損した歯牙に対する補綴をいう。

4嚥下障害

嚥下障害とは、食道の狭窄、舌の異常、咽喉支配神経の麻痺等によって飲み下しに対して生じる障害。

障害の程度により咀嚼障害に係る等級が準用される。

5味覚障害

ろ紙ディスク法の最高濃度液検査により判定される。

4種の味質(酸味、塩味、甘味、苦味)のうち、すべて認知できない場合は12級相当が、1味質以上を認知できない場合は14級相当となる。

ご相談こちらへどうぞ。

トップページ