神経系統の後遺障害等級について

神経系統の機能又は精神について (自動車損害賠償補償法施行令・労災補償障害認定必携より)

・介護を要する障害

別表第一第1級1号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し常に介護を要するもの

基準:生命維持に必要な身の回りの処理の動作について常時介護を要するもの

別表第一第2級1号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し随時介護を要するもの

基準:生命維持に必要な身の回り処理の動作について随時介護を要するもの

・神経系統の機能又は精神の障害

別表第二第3級3号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し終身労務に服することができないもの」

基準:生命維持に必要な身の回り処理の動作は可能であるが労務に服することができないもの

別表第二第5級2号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」

基準:極めて軽易な労務にしか服することができないもの

別表第二第7級4号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの」

基準:軽易な労務にしか服することができないもの

別表第二第9級10号

「神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」

基準:通常の労務に服することはできるが就労可能な職種が相当程度制約されるもの

・局部の神経系統の障害

別表第二第12級13号

「局部に頑固な神経症状を残すもの」

基準:通常の労務に服することはでき職種制限も認められないが、時には労務に支障が生じる場合があるもの

他覚所見により医学的に証明できるもの

別表第二第14級9号

「局部に神経症状を残すもの」

基準:第12級よりも軽度のもの

医学的に説明できるもの

T脳の障害    

1高次脳機能障害

2身体性機能障害

3非器質性障害

1高次脳機能障害について

@     後遺障害として認定される前提条件

イ)診断傷病名に「脳挫傷」「びまん性軸策損傷」「びまん性脳損傷」「急性硬膜外血腫」「急性硬膜下血腫」 「外傷性くも膜下出血」等が記載されていること

ロ)意識障害が受傷後6時間以上続いているか、健忘症または軽度意識障害が少なくとも1週間以上続く

ハ)受傷後1〜3ヶ月経過した時点における脳MRIで脳萎縮か脳室拡大が認められる

A典型的な症状に、イ)認知障害と、ロ)人格変化がある。

イ)認知障害

記憶・記名力障害・集中力障害・遂行機能障害・判断力低下・病識欠落

新しいことを学習できない・複数の仕事を平行して処理できない・行動を計画し実行することができない

周囲の状況に合わせた適切な行動ができない・危険を予測、察知することができない

ロ)人格変化

感情易変・不機嫌・攻撃性・暴言・暴力・幼稚・羞恥心の低下・多弁・自発性活動性の低下・嫉妬

ねたみ・被害妄想

B評価は以下4つの能力を各専門検査によって明らかにする

意思疎通能力・問題解決能力・作業負荷に対する持続力・持久力および社会行動能力

2身体性機能障害  

脳の損傷による身体性機能障害については麻痺の範囲およびその程度並びに介護の有無および程度により障害等級が認定される。

@     麻痺の程度・・・高度・中等度・軽度に分けられる

イ)高度

障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性がほとんど失われ障害のある上肢又は下肢の基本動作ができないものをいう

ロ)中等度

障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が相当程度失われ障害のある上肢又は下肢の基本動作にかなりの制限があるものをいう

ハ)障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が多少失われており障害のある上肢又は下肢の基本動作を行なう際の巧緻性(こうちせい)および速度が相当程度損なわれているものをいう

A     認定等級・・・第1級〜第12級の7段階

3非器質性の障害 

@     基準:以下のイ「精神症状」のうち1つ以上の精神症状を残し、かつ、ロ「能力に関する判断項目」 のうち1つ以上の能力について障害が認められること

イ)精神症状

1.抑うつ状態

2.不安の状態

3.意欲低下の状態

4.慢性化した幻覚・妄想性の状態

5.記憶又は知的能力の障害

6.その他の障害(衝動性の障害、不定愁訴など)

ロ)能力に関する判断項目

1.身辺日常生活

2.仕事・生活に積極性・関心を持つこと

3.通勤・勤務時間の遵守

4.普通に作業を持続すること

5.他人との意思伝達

6.対人関係・協調性

7.身辺の安全保持・危険の回避

8.困難・失敗への対応

A     認定等級・・・第9級10号、第12級13号、第14級9号

ご相談こちらへどうぞ。

トップページ