醜状に関する後遺障害等級について

醜状傷害について (自動車損害賠償補償法施行令・労災補償障害認定必携より)

醜状障害
平成22年6月10日以降に発生した事故について適用。


外貌とは頭部、盤面部、頚部といった、上肢、下肢以外の日常露出する部分をいう。


外貌に著しい醜状を残すもの    ・・・第7級12号
外貌に相当程度の醜状を残すもの・・・・第9級16号
外貌に醜状を残すもの      ・・・・・・第12級14号


外貌に著しい醜状を残すものとは
頭部にあっては、てのひら大以上の瘢痕または頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
顔面部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没
頸部にあってはてのひら大以上の瘢痕

外貌に相当程度の醜状を残すものとは
顔面部の長さ5センチメートル以上の線状痕で人目につく程度以上のもの

外貌に醜状を残すものとは次のいずれかに該当する場合で人目につく程度以上のものをいう。
頭部にあっては鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損
顔面部にあっては、10円銅貨大以上の瘢痕又は長さ3センチメートル以上の線状痕

ご相談こちらへどうぞ。

トップページ