胸部臓器・腹部臓器・泌尿器・生殖器に関する後遺障害等級について

胸部臓器・腹部臓器・泌尿器・生殖器の障害について (自動車損害賠償補償法施行令・労災補償障害認定必携より)

 1胸部臓器の障害

胸部臓器の障害とは、心臓、心のう、肺臓、ろく膜、横隔膜等に他覚的に証明しうる変化が認められ、かつ、その機能にも障害が証明されるものをいう。また、検査は聴打診、心電図、エックス線撮影、心肺機能検査、血液ガス分析等によることになる。

ア.胸部臓器の障害により日常生活の範囲が病床に限定されている状態のもの:別表第一第1級2号 

イ.胸部臓器の障害により、日常生活の範囲が主として病床にあるが食事、用便、自宅内の歩行など短時間の離床が可能であるか、または差し支えない程度の状態のもの:別表第一第2級2号 

ウ.胸部臓器の障害により自宅周囲の歩行が可能か又は差し支えないが終身に渡りおよそ労務に服することが出来ない状態のもの:別表第二第3級4号

エ.供養部臓器の障害による身体的能力の低下などのため、独力では一般平均人の4分の1程度の労働能力しか残されていない場合:別表第二第5級3号

オ.胸部臓器の障害による身体的能力の低下などのため独力では一般平均人の2分の一程度の労働能力しか残されていない場合:別表第二第7級5号 

カ.一般的労働能力は残存しているが胸部臓器の障害のため社会通念上その就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの:別表第二第9級11号 

キ.一般的労働能力は残存しているが胸部臓器の機能の障害の存在が明確であって労働に支障をきたすもの:別表第二第11級10号 

2腹部臓器の障害

腹部臓器の障害にかかる等級の認定については胸部臓器の障害と同様の基準とする。

注意:脾臓および1側の腎臓の摘出がみとめられる場合の障害等級について平成18年4月1日以降に発生した事故によるものは、以前まで8級11号であったものが、13級11号に改定された。 

3泌尿器の障害

泌尿器は、腎臓、尿管、膀胱、尿道等からなる。

@ 腎臓の障害

ア.尿路変更術を余儀なくされたため、じん瘻(尿管に連なる腎盂というところにカテーテルを挿入し、体外へ尿を排泄させること)などを残したまま治癒とすべき状態になったもの:第7級5号

イ. 事故を起因とした慢性腎盂腎炎、水腎症:第7級5号

ウ.1側の腎臓を亡失したもの:第13級11号

エ.膀胱括約筋の変化によることが明らかな尿失禁:第11級10号

A膀胱の障害

ア.膀胱の完全な機能廃絶:第3級4号

イ. 萎縮膀胱(容量50cc以下)第7級5号

ウ. 常時尿漏を伴う軽度の膀胱機能不全または膀胱痙攣による持続性の排尿痛:第11級10号 

4生殖器の障害

ア. 両側の卵巣摘出:第7級5号

イ.子宮を全部摘出したもの:第7級5号

ウ.生殖能力に著しい制限があるものであって性交不能をきたすもの:第9級16号

エ. 産道狭窄により正常分娩が不能となったもの:第11級10号

オ. 1側の睾丸の欠損又は欠損に準ずべき程度の萎縮:第11級10号

カ. 1側の卵巣摘出:第11級10号

ご相談こちらへどうぞ。

トップページ