脊柱・体幹骨に関する後遺障害等級について

脊柱およびその他の体幹骨について (自動車損害賠償補償法施行令・労災補償障害認定必携より)


T脊柱およびその他の体幹骨の障害と後遺障害等級

1脊柱の障害

ア変形障害

脊柱に著しい変形を残すもの・・・第6級5号

脊柱の後彎又は側彎の程度により等級を認定し、判定はコブ法による。 

脊柱に変形を残すもの・・・・・・第11級7号

脊柱の後彎又は側彎の程度により等級を認定し、判定はコブ法による。 

イ運動障害

脊柱に著しい運動障害を残すもの・・・第6級5号

次のいずれかに該当すること

@     頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折が認められ、それがエックス線で確認できる

A     脊椎固定術が行なわれたもの

B     軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの 

脊柱に運動障害を残すもの・・・・・・第8級2号

次のいずれかに該当すること

@     脊椎圧迫骨折を残し、エックス線で確認でき、可動域が2分の1以下に制限されたもの

A     脊椎固定術が行なわれ、可動域が2分の1以下に制限されたもの

B     軟部組織に明らかな器質的変化が認められたもので可動域が2分の1以下に制限されたもの 

2その他の体幹骨の変形障害

鎖骨・胸骨・ろく骨・肩甲骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの・・・第12級5号

@     裸体となったとき変形が明らかにわかる程度のもの

A     骨盤骨には仙骨を含むが尾骨は除く

ご相談こちらへどうぞ。

トップページ