下肢と足指に関する後遺障害等級について

下肢および足指の障害と後遺障害等級 (自動車損害賠償補償法施行令・労災補償障害認定必携より)


欠損障害は6段階、機能障害は6段階、変形障害については3段階および短縮障害については3段階、また、足指の障害として欠損障害について6段階および機能障害については6段階の等級が定められている。 

@下肢の障害

ア欠損障害

1両下肢をひざ関節以上で失ったもの・・・別表第二第1級5号

2両下肢を足関節以上で失ったもの・・・別表第二第2級4号

31下肢をひざ関節以上で失ったもの・・・別表第二第4級5号

4両足をリスフラン関節以上で失ったもの・・・別表第二第4級7号

51下肢を足関節以上で失ったもの・・・別表第二第5級5号

61足をリスフラン関節以上で失ったもの・・・別表第二第7級8号 

下肢をひざ関節以上で失ったものとは、1股関節において寛骨と大腿骨を離断したもの2股関節とひざ関節との間において切断したもの3ひざ関節において大腿骨と下腿骨とを離断したもの 

下肢を足関節以上で失ったものとは、1膝関節と足関節との間において切断したもの2足関節において下腿骨と距骨とを離断したもの 

リスフラン関節以上で失ったものとは、次のいずれかに該当する場合をいう。

1足根骨(踵骨、距骨、船状骨および3個の楔状骨からなる)において切断したもの2中足骨と足根骨とを離断したもの 

イ機能障害

1両下肢の用を全廃したもの・・・別表第二第1級6号

21下肢の用を全廃したもの・・・別表第二第5級7号

31下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの・・・別表第二第6級7号4

1下肢の3大関節中の1下肢の用を全廃したもの・・・別表第二第8級7号5

1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの・・別表第二第10級11号

61下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの・・・別表第二第12級7号 

下肢の用を全廃したものとは、3大関節(股関節、膝関節、足関節)の完全硬直またはこれに近い状態(患側の運動可能領域が健側の運動領域の10%以内)および、これらに加えて足指の障害が存したもの3大関節の完全麻痺またはこれに近い状態およびこれらに加えて足指の障害が存したものをいう。

下肢の関節の用を廃したものとは次のいずれかに該当する場合をいう。

1関節の完全硬直またはこれに近い状態にあるもの

2神経麻痺により自動運動不能またはこれに近い状態にあるもの

3人工骨頭または人工関節を挿入置換したもの 

関節の機能に著しい障害を残すものとは、関節の運動可能領域が健側の運動可能領域の2分の1以下に制限されているものをいう。

ウ変形障害

11下肢に仮関節を残し著しい運動障害を残すもの・・・別表第二第7級10号

21下肢に仮関節を残すもの・・・別表第二第8級9号3

長管骨に変形を残すもの・・・・別表第二第12級8号 

1下肢に仮関節を残し著しい運動障害を残すものとは次のいずれかに該当する場合をいう。

大腿骨に仮関節を残すもの脛骨および腓骨の両側に仮関節を残すもの 

1下肢に仮関節を残すものとは、脛骨もしくは腓骨のいずれか一方に仮関節を残すものをいう。

下肢における長管骨に変形を残すものとは、次のいずれかに該当する場合で、その変形を外部から想見できる程度(165度以上湾曲して不整癒合したものなど)以上のものをいい、長管骨の骨折部位が正常位に癒合している場合は、たとえその部位に肥厚が生じたとしても変形としては扱わない。

エ短縮障害

1下肢を5センチメートル以上短縮したもの・・・別表第二第8級5号

1下肢を5センチメートル以上短縮したもの・・・別表第二第10級8号

1下肢を5センチメートル以上短縮したもの・・・別表第二第13級8号 

A足指の障害

ア欠損障害

1両足の足指の全部を失ったもの・・・別表第二第5級8号

21足の足指の全部を失ったもの・・・別表第二第8級10号

31足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの・・・別表第二第9級14号

41足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの・・・別表第二第10級9号

51足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの・・・別表第二第12級11号

61足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの・・・別表第二第13級10号 

足指を失ったものとはその前部を失ったものをいう。よって、中足指節関節から失ったものが該当する。

イ足指の機能障害

1両足の足指の全部の用を廃したもの・・・別表第二第7級11号

21足の足指の全部の用を廃したもの・・・別表第二第9級15号

31足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの・・・別表第二第11級9号

41足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの・・・別表第二第12級12号

51足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの・・・別表第二第13級10号

61足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの・・別表第二第14級8号

足指の用を廃したものとは次のいずれかに該当する場合をいう。 

第1の足指にあっては、末節骨の長さの2分の1以上をその他の足指にあっては末関節以上を失ったもの第1および第2の足指にあっては、中足指節関節または第1指関節に著しい運動障害を残すもの。

尚、著しい運動障害を残すものとは、運動可能領域が健側の運動可能領域の2分の1以下に制限されるものをいう。

第3、第4、第5の足指にあっては、完全硬直、または完全麻痺をいう。

ご相談こちらへどうぞ。

トップページ